FC2ブログ

Leek Field**

Hervest 33:Writings ; One day Coerthas

「もう。また逃げられた」独りごちながら彼女は、餌の無くなった釣り針を恨めしそうに見ている。* ここのところ、クルザス西部はひどい吹雪に見舞われていた。けれども今日は、昨日までの天気が嘘のように澄みわたり、蒼天には太陽が燦々と輝いている。その陽射しは少々汗ばむ程で、降り注ぐ大地では白銀の表面が僅かに溶け、きらきらと細かな輝きを放っている。時折駆け抜けていく風も、いつもはその冷たさに身を震わせるのだが...